htmlメールについての基本的な知識

htmlメールとは画像や色文字、ハイパーリンクなどを文中に挿入した形式のメールのことです。インターネットのホームページを見慣れている人にとっては、特別な画面には感じられないでしょう。しかし、これまで文章で相手に情報を伝えることが主な役割であったメールは現在でもhtml形式を使っていないケースが大半です。特にビジネスで用件を伝える場合には、その傾向が強くなります。最近では、リンク先を伝える場合や画像が本題となるケースも少なくありませんから、基本的な作成方法は知っておくべきでしょう。多くのメールソフトが対応していますから、特別な知識が必要となるわけではありません。ただ、通常のメールではできないこととの違いを理解してくべきでしょう。自社の宣伝を挿入するケースもあります。

htmlメールのメリットを活かす

メリットは文章だけでは伝えられないことを伝えることができる点でしょう。リンクを張り付ければ、そこからワンクリックで必要なサイトにジャンプすることができます。また、画像を送ることで文章ではわからない点を明確にすることができます。また、重要なポイントを色付きで強調すれば、伝えたいことが相手にわかりやすくなります。言葉で伝えるのではなく、目で見える形にすることに意味があるでしょう。htmlはそのための仕組みとして提供されています。もちろん、宣伝ばかりを強調するのではなく、相手が求めているものに限定しなければなりません。提供する情報は文章だけではなく、入手した情報の出所元をリンクにすることで、さらに詳しい情報が必要なら受け手が自分で探すこともできるようになります。

htmlメールを利用する時の注意事項

これだけのメリットがあるにもかかわらず、文字メールを利用する人が多い理由を考えなければなりません。一つは送付先のメールソフトがhtmlに対応していない場合、メールを開くことができないことです。これでは本来の目的を達成できません。また、サイズが大きくなりますから、ネットワーク環境によっては求められる時間内に届かないケースも出てくるでしょう。メールを読みやすくすることは適切な改行を入れるだけでも十分であり、リンクなどは無用な情報となってしまうこともあります。自分が送るべき情報が何なのかを明確に意識した上でメール配信を行うことがビジネス上では重要なことです。見た目の奇抜さなどはビジネスにおいてはほとんど必要ありません。受け取る相手に不快感を与えてしまうことにもなりかねません。

プロレベルのメルマガを、自社で作成可能です! 配信速度は毎時100万通。遅延なくメール送信可能。 業界初のスマホ完全対応!レスポンシブデザイン対応HTMLメールをどなたでも配信出来ます。 データセンターはアマゾンウェブサービスを採用! ASPICクラウドアワード2015で先進技術賞受賞! これまで不透明だったメールマーケティングの効果を可視化し、価値の高い施策を行えます。 WiLL Mailもっと簡単にhtmlメールを作成しよう