実際にhtmlメールを作るには

では、実際にhtml形式のメールを作成してみることにしましょう。メールを作成する時には、「メーラー」と呼ばれるメール作成ソフトを使います。htmlメールも、テキスト形式のメールも基本的には全く同じメーラーを使います。違うのは、メール作成時に単に本文だけで作成するのか、それともhtmlの書式に従い装飾や画像の送付を行うかの違いです。テキスト形式のメール作成画面では、「メールを送信する」や「ファイルを添付する」程度のボタンしか表示されませんが、html形式のメールを作成する画面では、色の変更や斜体、強調、リンクや画像の貼付、図表の作成など様々な機能を助けるためのボタンが準備されています。これらは皆さんがお使いになるメーラーによって細かく異なりますので、一般的な機能について説明しましょう。

htmlメールを送信するための手順

html形式のメールを送信できるようにするためには、主に2つの設定方法があります。一つは、何も設定しなくても、メールの作成画面でhtmlか否かを選ぶ方法です。もう一つは、詳細設定画面で、htmlメールを常に作成するかどうかを設定する方法です。後者の場合、メーラーによっても違いますが、主に次のような方法で設定可能です。まず、メールの受信画面にします。その後、メニューバーから、「ツール」「アカウント設定」と選んでゆきます。そこで表示されるサブメニューの中に、「HTML形式でメールを作成する」というチェックボックスがありますので、そこをクリックし、「OK」を押すことで次回からはHTML形式のメールを送ることができるようになります。他のメーラーでも細かい点は異なりますが、ヘルプ機能を使うことで簡単に設定できることでしょう。

最初のテストは自分宛に送ってみましょう

さて、このようにしてhtmlメールが送れるようになった場合、まずは自分宛に送ってみて、どのような形式で表示されるのか試してみるのが良いでしょう。宛先も、パソコン宛のアドレスと、スマホ(携帯)向けのアドレスの両方に送り、受信までにかかる時間や、表示される画面の違いなどをよく確認し、html形式のメールの特徴をつかんでおくと、今後円滑に使うことができます。例えば、やたら画像が含まれるhtml形式のメールを作ってしまうと、スマホで受診する人は受診のための時間がかかるだけではなく、パケット通信量が必要以上にかかる場合もあります。もちろん、適切なサイズというのは一概には決めることはできませんが、手持ちのスマホなどで送受信することによって、適切なデザインや画像サイズを押さえておくことが、html形式のメールを上手に使っていく上でのコツとなります。