htmlメールで出来ることの解説

スマートフォンやパソコンが普及したことによって利用されるようになってきたのがメールです。ただ、一口にメールと言っても大きく分けて二つの種類があります。テキストメールとhtmlメールです。前者はごく一般的に使われているメールで、文字を入力する機能だけを有し、文章を伝えることを目的としているものです。一方で後者はテキスト意外に画像の挿入やテキストの装飾などを行うことが出来、htmlコードを用いて記述する必要があります。日常使いでは前者の方が利便性は高く、企業などが広告として使ったり、多くの情報をお知らせする時に使うのであれば後者の方が利便性は高いということになります。一般的に、前者は一般人が使い、後者は事業者が使うことになることが多いです。

お洒落で見栄えの良いメール本文の作成

htmlメールというのはhtmlコードを利用して記述するメールです。それゆえに文字に装飾をすることなどが出来ます。普通のメールであるテキストメールでは、同じフォント、同じ大きさ、同じ色の文字列を並べることしかできません。しかし、htmlを使うことで、文字ごとにフォントや大きさ、色などを変更することが出来るのです。他にも画像の埋め込みなども行うことが出来ます。通常のテキストメールでも画像の添付という形で画像を送信することが出来ます。しかし、htmlを利用してメールを作った場合、メールの本文中に画像を埋め込むことが出来ます。複数の画像を表示したい場所に表示させることが出来るため、装飾性の高いメールが出来上がります。結果、お洒落で見栄えの良いメールとなります。

webページのようなメール本文の作成

文字を装飾し、画像を好きな所に挿入することが出来るhtmlメールですが、これはホームページと同じ構造です。ホームページもhtmlで作られています。つまり、ホームページで出来ることはhtmlメールでも出来る可能性が高いということです。ホームページで出来ることというのは前述した文字の装飾や画像の挿入などもそうですが、リンクの埋め込みなどもできます。画像にリンクを挿入して、その画像を押すことでホームページに誘導したりすることが出来ます。また、それを応用してボタンを埋め込むこともできます。これらはホームページでは当たり前に行われていることであり、それをメールで再現することが出来ます。事業者の場合はメールからホームページへの誘導を行うことも多いと思いますので、このようなwebページのようなメールは有用となります。