htmlメールに一工夫を加える

通常のテキストメールとは違い、htmlメールでは画像を使用したり、リンクを文章の中に埋め込むことが出来ます。また、動きのある内容が盛り込めるのも特徴ですから、これらを理解して効果的に活用することが必要です。極めつけはやはり、ウェブサイトやブログと同じように、装飾を加えてメールを演出出来る点にあります。つまり、メールを受け取る人に対しての違和感、ハードルを感じさせることはなく、本格的に見せたいページに誘える入り口になると考えられます。更にもう一工夫加えることによって、メールを読んだり内容に目を通してもらえる可能性が高まりますから、工夫のテクニックを身に付けることも大切です。幾つかの注意点を踏まえ、メルマガやキャンペーン情報の提供をhtmlメールで行えば、今まで以上に集客力を高めることが出来るでしょう。

性質を理解して工夫を加える方法とは

htmlメールの特徴は、本文にhtml要素が使えること、そしてテキストメールに添付という形で送れる二点にあります。メールを受け取る側は、特に意識をしなくても受信したメールを開封することによって、htmlで構成される内容に目を通すこととなります。テキストメールに慣れている人にとって、大きな画像はインパクトのある視覚情報になりますから、メールの先頭に画像を挿入するテクニックは効果的な工夫の一つです。ただし、あまりにも容量の大きい画像は嫌われるので、適度にサイズを調整したり、容量を削減する付加情報の削除を行うことも肝心です。一方では、魅力的な導入文から本文に惹き付け、見せたい情報へのリンクを分かりやすく設定するのも重要な要点です。テキストカラーでグラデーションを表現したり、アニメーションをエフェクトで見せることも可能ですが、過剰演出にならないように、メリハリを付けて性質を活用することが必要といえます。

受け取った人に見てもらう為の注意点

メールを受け取る人はまず、信頼出来る相手からの受信を認め、それ以外は不必要な物としてフィルタリングするものです。定期的に配信するメルマガや、会員向けに不定期で送るメールにしても、最初は信用を得て受け取ってもらうことが不可欠です。世界中で膨大な数が送受信されるメールの中でも、htmlタイプは悪用されることが多いので、信用を損ねないようにメールの内容を工夫する必要があります。送信のアドレスを分かりやすく明確にしたり、メールの先頭には送信者の名前や目的を添えることで、受信者からの信用を維持することが出来ます。htmlメールは、強力なツール故に送り方次第で受信者を警戒させますが、逆に単純なテキスト以上に惹き付けることも可能なので、上手く工夫して活用することが成功の鍵を握ります。会員には、登録時に送信されるメールのサンプルを見せたり、毎回決まったテンプレートでメールを構成して送るのも、読んでもらえて効果も高まる一工夫のポイントになります。